エンジニアでも一年目は不安がいっぱい

エンジニアとして働き始める一年目になると、色々なトラブルや考えなくてはならないことも多くなります。不安になることも多いようですが、その種類も様々です。最も多いのが、いろいろなスキルが自分にはないということでしょう。例えば仕事でもプログラマーとして経験をしてきたのにもかかわらず、システムやプログラミング、対象とするもののエンジニアリングはそう簡単にできる人ばかりではありません。最初からしっかり働いたり活躍するのが難しい場合もあるでしょう。

また、偽装エンジニアといって、派遣で働くときにスキルが全く無いのにまるでスキルがしっかりあるかのように偽装して派遣されることもあるようです。もし一年目でこのような職場になってしまったのなら、よく考えてみるといいでしょう。同様に、スキルや学習したことについての疑問を持つこともあります。中にはプログラマー経験者がスキルアップを期待してこの肩書になることもありますが、全く仕事内容が違いますからそのことでストレスを感じることも出てきます。

一年目なら必要なスキルが揃っていないことが多いので、先輩に対しても迷惑をかけることも少なくないため、申し訳なく感じる人もいるのです。とはいえ、このような不安は誰でも感じるもので、いろいろな面で頑張ったり経験を積んでカバーしていく事もできます。自分で足りないと感じた技術や技能については追加で学習し、自分で磨いていく必要もあるでしょう。